お知らせinfo

投稿者:店主うさぎや

【今夜はペペロンチーノで乾杯!】本日のオススメフード&ドリンク。

12月20日日曜日のオススメフード&ドリンクは?!?

**********

自家製アンチョビとじゃがいものペペロンチーノ 800円

せり蕎麦 650円

せりの天ぷら 700円

メヒカリの唐揚げ 500円

★お魚メニューは他にもございます。

日本酒 田酒 特別純米 グラス・とっくり850円

鳳陽 純米 グラス・とっくり 700円

コロナビール 700円

駄菓子風すももサワー 600円

芋焼酎 杜氏潤平 600円

**********

12月は日曜日も営業致します。

今夜はM-1グランプリ2020が放送されます。

今から20年近く前の2001年から始まった、漫才の日本一を決める大会です。番組開始当初から、毎年楽しみに見ています。

番組は10年続いた後、一旦終了。その後4年休止したのち、現在に至ります。

番組第1回のオープニングは、M-1発起人の島田紳助が賞金1000万円の前からトークをするところから始まります。当初は1000万円がもらえるという大きな目玉があったように思えましたが、今では賞金よりも栄誉という意味合いが強くなっています。現にM-1は、ほかの賞レースとは違い、別格の感じがあります。近年の賞レースでは1番古く、その後のテレビでの露出は抜群です。また、優勝者だけではなく、上位にランクしたり、決勝で注目されたコンビは次の年からお茶の間の人気を広く集めます。

ブレイクの仕方は年によって違いますが、そこそこのブレイクでも、ほかの賞レースよりは上をいく感じがします。M-1以降に始まったR-1、キングオブコント、Wなど昨今のお笑いブームを牽引している番組の優勝者ですら、中にはブレイク仕切れないこともあります。

そもそもM-1のMというのは漫才のMで、その後何かを争う企画には○-1という言葉を使う傾向が多くなりました。それだけ影響力の高い番組になったわけです。

今年のM-1は連続出場が3組、数年ぶりが2組、初出場が4組います。特筆すべきは、最後の3組に残る、いわゆる最終決戦出場経験組が1組もいないのです。本命なき戦いの感じがします。少しづつ、お笑い界の流れも変わってきているのでしょうか。ちなみに敗者復活戦には、昨年の最終決戦に出場したぺこぱがいます。M-1の本放送以外に敗者復活戦も、大きな見所にもなっていますね。

今年は新型コロナの影響で、お笑い番組自体も見れなかった時期もありましたが、開催が出来て良かったです。漫才は、普段から気を付けている、最も密な体勢で行われますが、この形じゃないと、笑いは伝わりにくいですね。

本日も宜しくお願い致します。0222659578🐇

ページ上部へ